ピンボール新台 ゴジラ対エヴァンゲリオン

ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

「#女の子だから」
あなたなら、どんな言葉をつづけますか?

女の子だから、10代で結婚させられる。
女の子だから、学校に行かせてもらえない。
女の子だから、生まれてさえこられないこともある。
女の子だから、泣きたいときに泣くことも、
笑いたいときに笑うことも、怒りたいときに怒ることもできない。

もしも、この文章が間違っているように感じたら、
この世界の間違いを、まずは知ってください。

「#女の子だから」
その後に来る言葉は、私たちの力で変えられる未来です。

プラン・インターナショナルは、支援を通じて
女の子たちが「生きていく力」を身に付けることを目指しています。

女の子の支援について

女の子たちの現状

特に途上国の女の子や女性たちは貧しさの中にありながら「女の子だから」、
女の子・女性であることで社会の底辺に置かれ、普通の生活を送ることすら困難な状況にいます。

1~5歳 祝福されない成長

6~11歳 「働くため」の幼い命

12~18歳 早すぎる結婚と出産

19~24歳 収入も、発言権もない

なぜ女の子?

女の子たちの生きていく力と未来を変える力を育むために。
私たちの活動にご協力をお願いします。

女の子たちが力をつけ、自分や家族はもちろん、
地域社会や次世代にまでポジティブな変化をもたらす主体者となるためのサポートをします。

ガールズ・プロジェクト

女の子の問題を解決

ガールズ・プロジェクト

毎月1000円からの寄付

継続寄付

詳細をみる寄付をする すでに選択しています

プラン・スポンサーシップ

子どもたちの「生きていく力」
「未来を変える力」を育む支援はこちらから

プラン・スポンサーシップ

毎月3000円、4000円、5000円

詳細をみる 寄付をする すでに選択しています

実話をもとにしたストーリー

女の子が知識や技術を学び、身につけ、自分の人生を選びとる力と自由を得たら、それは、その女の子個人だけではなく、その家族や地域、将来産む子どもたちにも幸せをもたらします。

実話をもとにしたストーリー

10月11日は「国際ガールズ・デー」

「国際ガールズ・デー」は、世界中の女の子たちを力づけるために、2011年12月19日に国連総会で正式に決定された国連デーです。プラン・インターナショナルは制定の過程に深く関わり、国連に加盟する100カ国以上の賛同を得て制定されました。

国際ガールズ・デー

3月8日は「国際女性デー」

女性の権利と政治的、経済的分野への参加を盛り立てていくために、1975年に制定されました。プラン・インターナショナルは、毎年この日を記念して、世界の女性や女の子たちの権利をアピールするため、イベントを開催しています。

国際女性デー

広がる活動の輪

チラシ配布や映画上映会などを開催して支援してみませんか。いろいろな支援の形、お気持ちにあった方法をお選びいただけます。

参加をする

あなたの寄付で、誰かの人生に可能性が生まれる。

寄付をする

  • 説明会 「プラン・ラウンジ」
  • イベント・キャンペーン カレンダー
  • プラン・ブログ
  • 寄付金控除について
  • マイ・プラン・ページ

メールマガジン

プランの活動や最新情報を
お送りしています。

公式SNS

世界の子どもたちの今を発信中